1日の流れ

地域密着でサービスを行うので主治医との連携も安心

高齢者の病気にも様々な段階があり、入院を継続せずにご自宅で十分なケアをすれば快適に過ごせるケースももちろんあります。その場合に行われるのが訪問での看護ですが、単に看護師が定期的に訪問して終わるものではなく、主治医や薬局、ケアマネージャーなどほかの職種との連携が不可欠です。
経験豊かなスタッフがご利用者様とご家族様のご要望を伺い、各関係機関との連携をしっかりサポートいたします。社会との橋渡し役として頼りになる存在です。

訪問時の流れ

チーム医療の一員として期待される以上の責任を果たします

病院を出て家庭で過ごすようになったからといって、急に病状が悪化したり必要な看護を受けられなくなったりすることがないよう、在宅医療においては主治医やケアマネージャーなどと密に連絡を取ってのチーム医療を行います。まずは退院前に合同のカンファレンスの機会などを持ち、医療機関様から現在の病状や自宅での療養に必要なケアを聞き取ります。
チームで力を合わせてこそご利用者様が安心して暮らせるようになりますので、看護師はチーム内のコミュニケーションもスムーズに行えるよう心がけています。主治医から支持されたケアをきちんと行うのは当然ですが、さらにご利用者様から直接医師には聞きにくい質問を仲立ちするなど、アドバイザー的な役割もご期待いただければ嬉しい限りです。在宅で可能な医療行為の範囲などもお気軽にご相談いただけます。あらゆる面からサポートをし、ご利用者様との信頼関係を築いてまいります。

ご家族のお困りごと等も承ってサポートしています

初めて在宅医療を受けるという場合には、ご利用者様のお帰りを迎える準備から日々の生活上の細かな戸惑い、さらには病状の変化に合わせた対応の必要性など、あらゆる面で判断に困るケースも少なくありません。病院ではなくご自宅での日々を選ばれたからには、ご利用者様も趣味を続けたり、ご近所付き合いを楽しんだりといった生活を楽しみにされていることでしょう。せっかくのその決断を後悔することのないよう、経験豊富なスタッフが全力でお手伝いいたします。
病状の観察や医師の指示があった医療処置を行うことはもちろん、筋力アップや寝たきりにならないためのリハビリテーションも行って健やかな暮らしを目指します。さらに必要に応じて、ご家族様への介護方法のアドバイスやいろいろなご相談にも寄り添いながら対応してまいります。在宅にしたからといってご家族様が負担を抱え込まないよう、心配りもいたします。

すぐに相談できる専門職として頼れる存在になります

在宅で過ごすにあたって一番ご不安なのは、必要なときにすぐ医療サービスを受けられるのかという点ではないでしょうか。その点、在宅医療は単なる退院とは異なり担当医、看護師、薬剤師等の専門職がチームを組んでご利用者様のサポートを行い、密に情報を共有することで質の高いケアをご提供可能です。住み慣れた家で家族と共に暮らすという希望を叶えつつも、医療の面では安心してお過ごしになれるとお喜びのご利用者様も多数いらっしゃいます。
また、費用の面を心配される方もいらっしゃいますが、この点は介護保険の利用が欠かせません。どのような介護サービスがあり、ご利用者様の条件ならどれを利用できるのか。ケアマネージャーなどとご相談いただくことになりますが、看護師もご利用者様の病状等について説明するお手伝いをいたします。多くの専門職が暮らしを支えますので安心してお任せいただけます。